団体旅行はツアーのコスパで判断する

団体旅行といえば、コストが安いと思われている方が多いと思います。
その一方で、逆にコストは高いだろうと疑念を抱いたり、不満を持っている方もいらっしゃいます。

なぜ両極端な意見が出てくるのでしょうか。
ここでは、ここでは、ツアーを利用するのは、コスパが良いのか。
個人旅行とでは、どちらがコストが安く済むのかなどについて紹介しましょう。

なぜ団体旅行ツアーを高いと感じるのか

なぜツアーが高いと感じるのでしょうか。
それはツアーに付きものの添乗員や現地ガイド、通訳といったものの人件費が加算されているという風に感じるから。

時期を選んだとしても掛かる人材コストをカットすることはできない。

また、そういったコストを削減するために、普段なら高いクラスの客室に宿泊できるところを、ワンランク下のものして対応する。
そこで不満が生まれ、支払っているコストよりも高いと感じてしまうといったパターンです。

逆に、不満を生じさせないために、ワンランク上の宿泊施設を用意せざるを得なくなり、団体割引を適用しても、個人旅行よりも高い料金に設定されてしまうといったものです。

団体旅行ツアーのコスパの考え方

個人旅行ではなく、ツアーを選択しようとする場合、やはり皆さんが一番気にするのは、コスパについてではないでしょうか。
コスパの根本的な考えは、一般的には前述に説明した通りです。
ただ安いだけではなく、質が伴っているか。
これが重要になってきます。

安くてもグレードが落ちるサービス。
サービスが高いと個人旅行よりも高くなる。
これでは、コスパが良いとは言えません。

つまりは、表示料金だけをみて、高い・安いを判断するのではなく、ツアーの内容が充実しているのか。

宿泊施設のグレードは、自分が望むものに見合っているのかどうかないど、内容もチェックしましょう。

そうすることで、この内容でこれだけの料金しか掛からず、旅行を楽しむことができるといった冷静なコスパ判断ができるようになります。

定番のプレミアムツアーが増加している団体旅行

これまでは、ただ安いだけで、定番のスポットを巡り、無難な宿泊施設を利用するといった個性のないツアーが多かったものです。

しかし、現在では、プレミアムツアーといって、事前に利用された顧客にDM、旅行サイトや自社のホームページ内などでアンケートを実施してツアー内容を決定しているものが多く、コスパが良いものがほとんどです。